会社概要

商 号 尼崎印刷株式会社
会社創業 昭和18年6月
株式会社に改組 昭和23年5月
資本金 50,000,000円
住 所 〒661-0975 尼崎市下坂部3丁目9番20号
電 話 06-6494-1122(代)
Fax 06-6495-2360(G4)
事業所 阪急百貨店大阪梅田店 印刷コーナー
業務 印刷業務全般(組版、製版、印刷、製本)、封入封緘業務、発送 業務
所属団体 大学出版部協会 賛助会員
兵庫県印刷工業組合 会員

会社沿革

昭和16年
国策により市内6社が尼崎印刷の名称のもとに、北大物町の尼崎紡績の社宅地に創設される。
昭和20年
終戦直後、尼崎印刷の解体案も検討されたが、弊社初代社長田治一三が尼崎印刷を買収する。
昭和23年
尼崎印刷が株式会社となる。資本金150万円。
昭和27年
工場からの出火により全焼するも、数ヶ月後に活字鋳造から印刷・製本に至るモデ ル工場として新設された。
昭和43年
活字専業からオフセット製版・印刷を導入。手動式写植機による文字組版に着手する。
昭和46年
東洋インキ㈱による富士通電算写植機の出力センター「日本コンプ」に参加し、本格的に頁物組版のオフセット化に取り組む。
昭和48年
北大物町の所在地に1,485㎡の鉄筋コンクリート3階建を新設する(後の尼印ビル)。
昭和56年
電算写植機の社内導入の検討を重ね、モリサワ・ライノトロンを導入。6月より活字組版の作業者全員も新しい職場に参加し、翌年2月、20数トンの活字を全廃する。
昭和61年
編集処理技術を学ぶべく富士通のIPSを導入する。
昭和62年
ライノトロンを㈱モトヤのビデオジャムシステムに移行する。
平成2年
さらに上位機種、トレンドエースに移行して、画面上での編集技術(フロントエンド)を確立する。
平成6年
50年以上の所在地であった北大物の地を離れ、市内北部下坂部に新たな社屋を新設する。
平成12年
組版設備を住友金属の”エディアン”に入れ替える。
平成13年
イメージセッタFTR-5055を導入。
頁物の自動面付けを実現。
平成20年
アグファゲバルト製CTRセッター「AVALON-LF」を導入。
現像レスでCTR出力を運用する。
マン・ローランド製印刷機「Roland702 HiPrint」を導入。
頁物印刷への特化を図る。